読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽

だいぶブログをサボッてしまった。

 

しかしこれまで本当に沢山の音楽に出会うことが出来た。

 

そのほとんどがCDショップで出会った。

配信や動画サイトではない。

だから僕個人としてはCDショップは絶対になくてはならない存在なのだ。

僕が唯一毎月行こうと決めている場所もCDショップだ。

 

最近CDショップで出会った素晴らしい2枚のアルバムを紹介したい。

 

 マックス・ジュリー

『マックス・ジュリー』

f:id:DOORSOPEN:20160801001743j:image

アメリカの現在23歳のシンガーソングライター。

カントリー、ゴスペル、ソウルを良く聴いていたそうで、曲もその影響を強く感じさせる。歌い方はソウル、ゴスペルと言うよりポップス寄りに聴こえるが、魂のこもった声はこちらの感情を揺さぶる。この感情の揺さぶりはジェイムスベイと同じものを感じ、ブレない真摯な音楽への敬愛が伝わってくる。

良い意味での青臭さを感じるが、アルバム全ての曲のクオリティが高く、アレンジ、プロデュースもほぼ完璧。これが1stアルバムとは到底思えない。これから彼はどんどん真理を掴んで行くに違いない。

 

ホーリー・ファック 

『Congrats』

f:id:DOORSOPEN:20160731233344j:image

すでにアルバムを数枚出している中堅のバンドだが、今年出した新作でその存在を知った。サイケデリック色の強いインスト系ロックバンドと紹介されているが、今作はサイケ調のボーカルがフィーチャーされており(何を歌ってるかほぼ聴き取れないが)、よりバンドの狂ったカオスさが表現されている。このカオスは自分が潜在的に追い求めていたものであり、見事に合致したので試聴した瞬間ピンときて即買いした。

買って一カ月以上経つが、まだ家でも移動中のiPodでもヘビロテだ。1曲目から通しで聴いて終盤9曲目「Acidic」が始まる時の高揚感は気持ち良すぎて病みつきになる。まさにアシッドなアルバム。

 

以上2枚のアルバムは今年の私的ベスト5に入ってくると思う。

 #holy fuck #max jury