読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがた森魚 噫無情

f:id:DOORSOPEN:20160813101121j:image

あがた森魚の作品を初めてちゃんと聴いた。

アルバム「噫無情 レミゼラブル」。

もっと古臭いフォークかと思ってたら全然違った。煌びやかな昭和のポップスが繰り広げられていた。センスが良く音の細部にまでこだわりがあり、古臭さは一切感じない。

何となくやるせない、優しく、決して張り上げないあがたさんの声も素敵だ。

最近の歌い手さんも、もっとこうやって力まず歌えば良いんじゃないかと思う。そうすれば本来のその人の優しい姿が浮かび上がる気がする。

声を張り上げて歌うのは自分の何かを隠すためなのか?自分の主張を力づくでおしつけたいのか?とさえ思えてくる。

 

いびつな世界に飽き飽きして、柔らかい気持ちになりたい方におすすめします。