読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Birthday @武道館ライブ

f:id:DOORSOPEN:20160117194509j:image
The Birthdayの武道館ライブBlu-rayを観て寝不足…。キリのいいところで止めて寝るつもりだったが、ついつい最後まで観てしまった。
どのライブにだって当然一曲目から最終曲まで流れというものがあるが、このライブは特にこの流れが素晴らしい。The Birthdayには珍しいベスト的なライブ構成であるが、どの曲も<古さ>や<新しさ>や<浮いてる>といったものを感じない。
The Birthdayは作品毎に変化と進化を繰り返してきた。何よりギタリストのイマイが途中脱退し、フジイケンジの加入という大きな変化があった。メンバーが変わったので当然楽曲にも大きな変化があり、ライブの音も大きく変わった。
しかし武道館のライブを観て感じたのは、結局The Birthdayはデビューから現在まで、彼らのスタイルを貫き通しているということだった。僕がデビュー曲「stupid」を当時初めて聴いた時、正直戸惑ったのを今でもよく覚えている。ポストパンクというか、ニューウェーブを感じさせる曲調は自分の中にすんなりと入ってはこなかった。むしろ異和感を感じた。
しかし振り返れば、その異和感はどの作品にも同じく、初めて聴いた時に感じていたものだ。ところが不思議なもので、CDを聴きこみ、ライブで体感するといつの間にか身体に馴染み、凄い曲だなーと思うようになる。その繰り返しだった。
なので馴染んだ楽曲ばかりが並ぶ武道館ライブで、異和感を感じないのは当然と言えば当然のことだった(まあ新曲にはあったが…)。
そんなこんなで長くなったが武道館ライブのBlu-rayは、The Birthdayの歴史が凝縮されており、入門編としてもかなりオススメです。個人的にはベストアルバム「GOLD LUSH」より良いかと。そしてお気に入りの曲があれば、ぜひその曲が収録されたアルバムを聴いて頂きたいです。
ちなみに武道館の個人的に一番グッときたポイントは、「stupid」のイントロのベースの入り。あの入り方といい、絶妙なタイミングは本当に凄い。なかなかああは出来ない。ベースのハルキは本当に成長したと思う。

The Birthdayの次のアルバムがすでに楽しみにでならない。もっともっと凄い異和感のある新作をこれからもずっと期待!